Ender 3 Pro 3D Printerの組み立てと静音マザーボードへの交換 (前編)

スポンサーリンク

前回


Ender 3 Proが届いたので組み立てます。

Aliexpressの中国からの輸入なので中国用のコンセント付属かなと思ってましたが普通に日本仕様のコンセントでした。おおよそ注文してから2週間で到着。

マザーボード交換でかなり手こずったので前編はマザーボード交換までです。

f:id:overwhelminggrowth:20210501194235p:plain

開封

 

稼働音がうるさいという情報も仕入れていたので、サイレントマザーボードも一緒に買いました。

サイレントマザーボード合わせて25,240円でした。

関税1,200円、その他手数料は1,000円です。

f:id:overwhelminggrowth:20210501222633j:plain

サイレントマザーボード

稼働音の比較もしようかと思いましたが面倒なのでまとめて組み立ての時点でやってしまいます。

 

組み立てる前につけてしまったほうが楽なのでとりあえずマザーボード交換から。

土台部分の上側2箇所のネジを外します。

付属の六角レンチを使用できます。

f:id:overwhelminggrowth:20210501222957j:plain

手前側が短いネジ、奥が長いネジ

プリントベッドを手で前後に動かせば回しやすい位置に移動できます。

f:id:overwhelminggrowth:20210501223127j:plain

プリントベッドを手前に移動させた後

ネジを外し終えたらひっくり返して3箇所のネジを外します。

f:id:overwhelminggrowth:20210501223420j:plain

中心に近い方は長いネジ、外側は短いネジ

正面2箇所のネジを外せば引っこ抜けるようになります。

f:id:overwhelminggrowth:20210501224048j:plain

正面の2箇所のネジを外す

引っこ抜けました。
縦にして重いものに立てかけると作業しやすいです。

f:id:overwhelminggrowth:20210501224250j:plain

立てかけると楽かも

4箇所のネジを外します。(1つは隠れてて見えませんが中央らへんにあります。)

f:id:overwhelminggrowth:20210501231426j:plain

4箇所のネジを外すとボードが外れて作業しやすい

 

ケーブルのコネクタ部分はグルーガンでベッタリくっついています。

面倒ですがグルーガンの糊を剥がしてから一つずつ外していきます。

オレンジ色のパーツはE,X,Y,Zと書かれています。付属のマニュアルに書いてあるコネクタに対応していますので外す前に見ておきましょう。

f:id:overwhelminggrowth:20210501224935j:plain

Extrusion motor port の「E」

どこ探してもこの資料のPDFファイルは公式のサイトにアップロードされてなかったので紙をスキャンしました。

f:id:overwhelminggrowth:20210501225049p:plain

マニュアル

HotbedとNozzleのケーブルは何もついておらず色も同じ。

どっちでもいいような気もしますが外す前に分かるようにしましょう。

付箋だと外れたのでこの後マスキングテープで巻きました。

f:id:overwhelminggrowth:20210501225156j:plain

HotbedとNozzleのケーブルもなんかつけといてほしかった

緑色のユーロブロックで繋がっているケーブルは付属のマイナスドライバーで回せば外れます。極性があるのでケーブルの場所と色は覚えておいてください。

f:id:overwhelminggrowth:20210501231856j:plain

赤枠部分を左に回すと抜ける

内側にグルーガンがついていて超外しにくい。

取れない部分は付属のニッパーを使いつつ外します。

f:id:overwhelminggrowth:20210501225528j:plain

苦戦

全部外れたので比較。

上が普通の(V4.2.2)、下がサイレントマザーボード(V4.2.7)です。

f:id:overwhelminggrowth:20210501231153j:plain

比較

あとは元通りに戻すだけです。

ユーロブロックのケーブルを挟む部分に気をつけてください。

赤丸の部分にケーブルを差し込み、右に回すと固定されます。

f:id:overwhelminggrowth:20210501232456j:plain

高圧なのでしっかり固定

冷却ファンはケーブルが巻き込まれないように注意。

虹色のケーブルは内側を通すように配線するといいかもしれません。

こんなケーブル密集しててファンが仕事してくれるのかは疑問。

f:id:overwhelminggrowth:20210501232837j:plain

巻き込みに注意

Z-axis limit switch portと虹色のケーブルはケーブルを出す場所が違います。

f:id:overwhelminggrowth:20210502133850j:plain

ケーブル配線

全部戻したらOKです。

f:id:overwhelminggrowth:20210501223420j:plain

戻し終わり

次回はEnder 3 proの組み立てです。

中編へ続く