エルゴノミクスマウス6台触り比べレビュー (Jelly Comb,サンワサプライ,Deluxマウス実機レビュー 後半)

スポンサーリンク

前回のレビューに続き3台のエルゴノミクスマウスレビューです。

今回はJelly Comb,サンワサプライ,Deluxの3社から3台をレビューします。

f:id:overwhelminggrowth:20220408135533j:plain

後編

 

今回購入した製品

Jelly Comb(Seenda) MV045

f:id:overwhelminggrowth:20220226173535j:plain

実はこれもSeenda社のマウス。Jelly CombはSeendaのブランドだそうです。

マウス業界、ブランドが多すぎて販売元を特定するのが大変すぎる。

ソース:Jelly Comb United Kingdom Trademark Brand Information - SHENZHEN SEENDA TECHNOLOGY CO.,LTD.

日本で買うならiCleverが同じ形状のものを販売しています。

iCleverは中国 深センのサウザンドショアス社が展開するブランドなので深セン繋がりのODM販売ですかね。でもiCleverとJelly Combは微妙にスペックが異なっていて、iCleverのマウスではBluetoothがオミットされて2.4Gワイヤレスだけになっています。

Bluetooth製品を日本で使うには製品に技適マークがないとダメなので削ったんだと思いますが、同じだと思って買うとBluetoothないやんけってなるので気をつけましょう。

外観

f:id:overwhelminggrowth:20220226173546j:plain

f:id:overwhelminggrowth:20220226173555j:plain

f:id:overwhelminggrowth:20220226173603j:plain

f:id:overwhelminggrowth:20220226173611j:plain

見た目は奇抜なのでちょっと会社で使うと少し目立つかもしれない。

グローブ形状で手に合う握りやすさ重視なマウス。変な形してるけど握りやすいです。

f:id:overwhelminggrowth:20220226173627j:plain

バッテリーは単3電池1本で動きます。

裏面には無線の切替ボタンがあります。

2.4Gワイヤレス+Bluetooth4.0で合計2台まで切り替えることができます。

握ったところ

f:id:overwhelminggrowth:20220226173637j:plain

f:id:overwhelminggrowth:20220226173618j:plain

握りやすさは今まで紹介したマウスの中では一番な気がする。

ただし角度がありすぎるので握る位置によっては小指がテーブルとぶつかります。

ちょい上を持つようにすれば小指はぶつかりませんが、小指が擦れないような傾斜があれば100点でした。

サンワサプライ 400-MABT127

f:id:overwhelminggrowth:20220301002733j:plain
f:id:overwhelminggrowth:20220301002758j:plain
400-MABT127

サンワサプライのエルゴノミクスマウスです。しかし見た目そのままなのでTecknetのODM生産だと思います。

f:id:overwhelminggrowth:20220408132021p:plain

TECKNET Ergonomic Rechargeable Mouse, 2.4G Wireless Vertical with 5 Adjustable DPI

Tecknetはイギリスで設立されたShenzhen Unichain Technology Co., Ltdという会社のブランドですが実際のところ本社はイギリスではなく中国 深センにあります。サンワサプライは深センに拠点を置いているのでそこから輸入して売ってるんですかね。知らんけど。

機能的には3台Bluetoothマルチペアリング、充電式、静音、5ボタンとエルゴノミクスマウスとしては中々ハイスペック。

 

外観

f:id:overwhelminggrowth:20220301002808j:plain

f:id:overwhelminggrowth:20220301002817j:plain

f:id:overwhelminggrowth:20220301002826j:plain

 

f:id:overwhelminggrowth:20220408124320j:plain

USB-Cの充電ポート

バッテリーはUSB-Cで充電可能。私が持っているAnkerのUSBケーブルでもギリギリ入る幅があります。

f:id:overwhelminggrowth:20220408124709j:plain

充電時

充電ケーブルを接続するとランプが点灯し、満充電になると消灯します。電池切れが近づくと点滅します。ちなみにホイール下のボタンはDPI変更ボタンではなくペアリング接続変更ボタンです。いちいちひっくり返さなくてもペアリングを切り替えられるのがよい。DPI変更はホイールクリックと右クリックを3秒長押しで行えます。

DPI変更とか最初以外使わないので個人的には好きな仕様。

f:id:overwhelminggrowth:20220408135238j:plain

剥がし忘れ注意のフィルム付き

Tecknetで売られているマウスではUSBレシーバーがついていますが、400-MABT127では全てBluetoothです。背面を見るとUSBレシーバーを収納するスペースが埋められた跡が残っていることを確認できます。

裏面には電源スイッチと無線のペアリングボタンがあり、Bluetooth Ver.5.0/3.0 Class2で合計3台まで切り替えることができます。マルチペアリング対応なのでBluetooth切替時の接続し直しがいらないのがよい。

 

握ったところ

f:id:overwhelminggrowth:20220408124627j:plain

親指を置く場所のくぼみにこだわりを感じます。親指と人差し指、中指だけでもホールドされるのでつまみ持ちしやすい。小指、薬指の位置は若干傾斜が緩くなっていてテーブルに擦らないようになっています。

f:id:overwhelminggrowth:20220408124652j:plain

親指用のくぼみ

各ボタンの機能はSANWA SUPPLY Mouse Utilityをインストールすると変更できるようになります。機能面でもイケてるマウスですね。

Delux M618X

中国 深圳市にあるDelux社のマウス。

前回の記事にてDelux M618miniをご紹介したときに、もっとやべー化け物マウスがあるという話をちょろっとしました。

見た目的に気になりすぎたのでつい買ってしまったもの。

可変式の角度調整機構、人差し指側にある親指側まで貫通したスクロールホイール、クソデカな外観、所有欲を満たせるロマンのあるマウスです。デカいし有線ですがかっこいいのでヨシ。なおUSB-Cの脱着式モデルもあるようです。

 

f:id:overwhelminggrowth:20220408150538j:plain
f:id:overwhelminggrowth:20220408124444j:plain
M618X

外観

f:id:overwhelminggrowth:20220408124516j:plain

f:id:overwhelminggrowth:20220408124508j:plain

f:id:overwhelminggrowth:20220408124525j:plain

f:id:overwhelminggrowth:20220408124452j:plain

小指側には模様付きの滑り止めの加工がされていて細かいところの意匠も好き。

スクロールホイールが人差し指側にズレた分、右クリックの範囲が広め。これならEvoluentのマウスのように3ボタン入れても良かったのではと思ったりする。

今回レビューしたマウスとデカさを比較してみるとこんな感じで一目瞭然にデカい。

f:id:overwhelminggrowth:20220408124635j:plain

デカさ

同社が出しているM618miniと比べても当然ながらデカい。

f:id:overwhelminggrowth:20220408124644j:plain

M618miniとの比較

特徴的なスクロールホイールはどういう構造をしているのか不明ですがボタンの割り当ては特に変わらないものの親指からでも人差し指からでも押せるし回せる。

f:id:overwhelminggrowth:20220408135542j:plain

スクロールホイール

ネジを回すと角度が自由に変えられる。結構頑丈でネジをしめるとガッチリと固定される。

f:id:overwhelminggrowth:20220408135550j:plain

角度調整機構

裏面。手を置くためのプレート毎そのまま動かすのでマウスソールも当然デカい。

USB給電なので電池などは存在せず見た目の割に軽い。まあこれで重かったら使い物にならないのですが。

f:id:overwhelminggrowth:20220408150556j:plain

裏面
握ったところ

f:id:overwhelminggrowth:20220408124601j:plain

握ったところ

土台がしっかりしているせいか持った感じはかなり安定するものの、これを振りまわして操作をするのは机があまり広くないので大変。この機構でトラックボールマウスを出したら良いのではないだろうか。人差し指スクロールは指を動かさなくてよいので快適。

 

総評

どれもいいんですけど順位つけるとすればこんな感じでした。

f:id:overwhelminggrowth:20220408164521p:plain

総評

f:id:overwhelminggrowth:20220408164249p:plain

ペアリングできる数

f:id:overwhelminggrowth:20220408164211p:plain

クリック音評価

f:id:overwhelminggrowth:20220408164227p:plain

持ちやすさ評価

あなたもこの機会にマウス沼に入ってみませんか?

ちなみに次に私が狙っているマウスはこちらになります。

 

以上

圧倒的成長。