Azeronのアナログスティックが調子悪いので分解して直した話

スポンサーリンク

前回AzeronのUSBコネクタが取れたので直しましたが、今回はアナログスティックの調子が悪くなってきたのでアナログスティック部分の修理に挑戦しました。

 

現状のアナログスティックはこんな感じにガクガクします。これはひどい

f:id:overwhelminggrowth:20201129123507g:plain

キャリブレーション画面

アナログスティック自体を交換することを考えましたが今回は安くすみそうな接点復活剤で修理を試みます。

 

使用したのはこれ。

チャタリング、電源不良、電気製品が故障したらとりあえずこれぶっかけると直る。 

 

それでは分解します。

この2箇所を外すとスティック部分の裏側にあるネジが外しやすくなります。

使用するのは買ったときに付属してきた六角ドライバーです。

f:id:overwhelminggrowth:20201202003228j:plain

2箇所のネジを外す

 

ここも六角ドライバーで3箇所外します。

f:id:overwhelminggrowth:20201202003443j:plain

3箇所のネジを外す

 

ネジを外し終えるとこんな感じです。

スティックの裏側が見えますが、ここもプラスのネジで止まっているので外します。

穴が小さいので1番のプラスドライバーを使います。

f:id:overwhelminggrowth:20201202003616j:plain

3箇所のネジを外す

このネジを外すとスティック部分を引っこ抜けるようになります。 

f:id:overwhelminggrowth:20201202003732j:plain

アナログスティックのパーツ

おそらくですが、xboxのスイッチと互換があるようなのでこんなのと交換できるかもしれません。

 

飛び散ると嫌なのでティッシュでガードしつつ、金属っぽいところには全部コンタクトスプレーをかけます。

別に乾くのを待つ必要はないのでかけ終わったらさっさと戻します。

f:id:overwhelminggrowth:20201202004127j:plain

念入りにコンタクトスプレーをかける

f:id:overwhelminggrowth:20201202004316j:plain

戻し終わり

軽く動作確認。

f:id:overwhelminggrowth:20201202004351g:plain

完璧に直った

 

Azeronは故障が多すぎて品質面を少し疑ってしまいますが自分で修理できるレベルなので許せます。愛着も湧きますし。

 

世界の変態にはこのアナログスティックをトラックボールに交換した猛者もいます。

以外と簡単にできそうなのは分かりました。

f:id:overwhelminggrowth:20201129122034p:plain

トラックボールに改造…?

 

以上

圧倒的成長。